季節の便り

実家、静岡で行っていた小料理屋さんの大将から、季節の便りが届きました。
「近海の天然の魚、地元の自然な野菜達をご用意しております。
 おなじみの湯どうふ、味噌仕立ての三陸産かき鍋、ほっくりと炊いた里芋。
 秋の夜長の一晩にぜひお立ち寄り下さいませ。」
ってあって、「ほっくりと炊いた里芋」あたりは
「ほっくりと炊いたさといもぉ~~~!!!」
と想像しながら悶絶みたいな感じで読むことになり、ぜひとも立ち寄りたいのですが、年末進行で悶絶中の私なので(大泣)静岡には帰れないずら。という感じです。

うう、良いお店なの~。
大将が職人気質って感じで、でも笑顔が優しくてね~、お店の女の子もかわいいこばっかでね~、お店の雰囲気がほっこりしてるの~。お料理はもちろんおいしいしね~、お酒がすすむの。
静岡に帰るときには必ず!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。