映画

気になる映画をここ一週間くらいで一気に観ました!
以下観た順番で感想を。ネタバレありなので反転してあります。

>20世紀少年
原作読んでないからなんの先入観もなく見れました。
役者は最高にいい!
堤監督も大好きだ!
浦沢先生も大好きだ!(マスターキートン大好き)
・・・けど超駄作作品の予感!!!(笑) まだ三部作の一作目だからわからないんですけどね、B級の匂いがするんです。私個人はそこがちょっとすきだったりするんですけど(笑)
堤監督の小ネタが大好きだから、その辺はめっちゃ楽しめました!
生瀬さんの役どころはおいしすぎる~~~!!!写真で笑える!!!
唐沢さんトヨエツは面白くて格好良かったし、ミッチーはミッチーだし、他にも堤監督といえば必ず出てくる…っていう役者さん満載なところは本当に個人的にかなりツボでした。
とにかく三部全部観ないとって思ってます。


>グーグーだって猫である
私は泣けました。
「私は」っていうのは、みんなは泣けるかどうかわかんないとこで、何度も泣きました。
思い出しても泣きそう。
漫画を描いている女性の日常をよく描き出していると思います。主人公は「天才」がつく漫画家なのでその辺は少し変わってくると思いますが、それでもとても素直に共感できました。むしろ共感しすぎて観ている最中この映画がおもしろいのかおもしろくないのかわからないくらい(おもしろかったんだけどね)入り込んでしまった…(苦笑)
特にアサコ先生が入院する時に看護婦さんに
「私の漫画は思ったより私を助けてくれません」
っていうような台詞があって、かなり胸にせまるものがありました。
でもね、私の漫画は思ったより私を助けてくれなくて、思ったより私を助けてくれるんですよ。
アサコ先生は孤独を前提に生きていて、だからこそ人や猫とのつながりを心の底から喜べて幸せを感じられる、とても素直に生きてる素敵な女性で、淋しいけどちゃんと幸せなんですよね。
他にもアシスタント役の森三中と樹里ちゃんとかとっても良かったです。
それから出版パーティーのシーンで楳図先生と槙村先生が出てらっしゃって、そういう演出がまた嬉しかった!(笑)
何回も観たいっていうより、また何年かたって思い出したように観たい。
すごくいい映画でした。
ああ、思い出すと涙ぐみそう(笑)


>パコと魔法の絵本
思わず声を出して笑ってしまったり、ぼろぼろ泣いてしまったり、その繰り返しが段々短くなって泣き笑いしてました(笑)
パコ役のアヤカちゃんの少女のかわいさにメロメロになりつつ、役所さんの演技にくらくらして、阿部サダヲにやられました(笑)
アンナちゃんも栄子ちゃんもかわいかった~~!!!
役者さん全部楽しめました。
お話もすっごく楽しかったです。涙はしたけど重たい涙じゃなくって、すがすがしい涙だったし。ぼろぼろ泣いちゃったんですけどね(笑)
ガマの王子のお話は、心があったかくなる話。
小さい頃、入院した時に読んだ絵本で泣いてしまった出来事を思い出すような感覚。
なにより映像がかわいいし美しい!
やさしい気持ちになる大人の絵本…そんな映画でした。


んー気になるものを観れて大満足!
あとは「SEX and the CITY」を観に行きたいと思ってます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。