サマーウォーズ

先週のテレビ放映を見て、うっかり理一×詫助に大盛り上がりのシカです。
以下ネタバレなども含み少し語っててうざいので、たたみます。

生まれてこの方、オッサン萌えなどしたことがなかったのですが
(伯爵はオッサン年齢だけど、私の中でオッサンカテゴリーにあらず)
41歳、すばらしい年頃です。

隠し子、エリート、風来坊、そしてお婆ちゃん子!!(いえ、関係的には継母ですけど)
お婆ちゃん子って良いね!なんだろうね、かわいいね!
優しい男の子なのよ、本当はさ。
お婆ちゃんのお誕生日に帰って来ちゃう人なのよ。そんで照れくさいから、知らないふりするのよ。でもさ、お婆ちゃんはそんなことわかってるの。
ああ、2人の思いやりが温かい…!
お婆ちゃんにほめてもらいたくて頑張ってたんだね。
41歳にもなって、褒めてもらいたかったって、もうかわいすぎです!!!
「でもね、私はね、名なんてあげなくっても、お金なんてなくっても、お前が元気でいてさえくれればいいんだよ。」
「…ばあちゃん!(大泣)」
って、思わず気持ちはお婆ちゃんです。

そして理一がまた素敵。
自衛官で部署は(多分情報関係ですよね)極秘というミステリアス。
理一からしたら同い年の叔父になるんですけど、そこがまたいいですね。
詫助は、兄弟ではなく妾の子という少し複雑な血縁。
そして叔父、甥の関係にありながら同い年。
なんていうアンビバレンツ!
今は奥さんがおりますが、若い頃、詫助となんかあったに違いない。
同じ情報関係ですもの。
そして日本家屋ですもの。
8月夏休みに、蚊帳とかね、畳とかね、蚊取り線香の香り…とかね…。

ああ!理一×詫助本が欲しい!!!
いや、その前に、きちんとサマーウォーズのノーカットDVDを見て、小説もあわよくば手を出さなければ…。

はっ。
こんなにだらだら腐話をしてきましたが、良いお話でした。
わくわくして爽快感があって、胸がほんわかしました。
細田監督作品を、遅まきながらチェックしたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。