WDW~6日目

この日はパークを離れてオーランド地元のスーパー「ターゲット」へ。
私、他の国に行った時はスーパーマーケットに行くのが大好きなんですよね。
その国の人達の暮らしぶりが見えるのがわくわくします。
DSC01504.jpg DSC01505.jpg
DSC01506.jpg DSC01507.jpg
野菜の色で分けて置いてあるのが可愛いですよね~。
DSC01508.jpg DSC01510.jpg
茄子までも大きいw

DSC01517.jpg
牛乳が灯油でも入っているのかぐらいのボトルにw
DSC01503.jpg
お魚コーナー
DSC01511.jpg DSC01512.jpg
そしてやっぱりお肉はすごい!
DSC01514.jpg
DSC01516.jpg DSC01513.jpg
思わず自分の手のひらと比べてしまいます。
DSC01518.jpg
アイスも豪快バケツサイズ。

このスーパーでは雑誌もたくさん売ってて、思わず大人買いww
だって日本で買うと輸入雑誌ってとても高いんですよ(:▽;)
資料になりそうなものは総さらいしてきましたw


さて、今までHさん、Mさんの悲劇を話してきましたが、例に漏れず私の悲劇もありました…。
それはこのWDW滞在最後の夜。

最後の夜にちょっと贅沢なディナーでも食べたいなぁ…という私の希望で「ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ」というホテル内にあるレストラン「ヴィクトリア&アルバート」を日本から予約していたんです。
このレストランはディズニーランド内にあるにも関わらず、唯一子供の入店が禁止されていて、ドレスコードのあるお店。
ちょっとめかしこんでシャンパンでも飲んじゃうぜ!
とドレスアップし予約していたタクシーに載ったところ、タクシーの運転手さんに
「Where are you going?」
と聞かれました。
その時、はたと気づいたのです。
レストラン名は覚えているのに、ホテル名を覚えていないことに…!(真っ青)
前日ホテルのロビーでタクシーを予約した時に、行き先のホテルとレストラン名、さらに予約時間まで伝えていたので、すっかり気を抜いてしまっていたんですね。涙。
しかし私がアワアワしている間に、タクシーは出発。
どんどん走るじゃないですか。
なぜ!?とパニックになりながら「ストップ!」と言っているのに止まってくれない運転手。
仕方ないので急いでiPhoneで調べるもこんな時に限って電波が1本しか立たないという…(恐怖)
他3人の冷たい視線にさらされながら、調べることしばらく、やっとiPhoneが
「ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ」
の名前を検出!
運転手さんに伝えると
「I know~I know~」

がーーーーーん…

か、からかわれて…い…た…だけだった………

ヒドイ。いや、自分が悪い。ヒドイ…。
アメリカンジョーク笑えない。
でも笑ってもいい。
でもヒドイ。
真っ白に燃え尽きたシカを乗せて、ホテルへ到着したのでした。

ホテル「ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ」は最高級ホテルだけあって優雅な空気が流れていました。
DSC01531.jpg DSC01537.jpg
DSC01541.jpg
真っ白になったシカも少し色を戻しつつ、レストランの予約時間までホテルのロビーをウロウロ。
DSC01540.jpg
ピアノの生演奏。ピアニストの方がおちゃめでしたw
DSC01538.jpg
ロビーの一角でお菓子の家を製作中。
レストランでの食事が終わって出てくると
DSC01542.jpg
お菓子の家は完成していました。
このお菓子の切れ端を試食できるようになっていたので、少し頂いたんですが、素朴な味で美味しかったです。

そしてメインの「ヴィクトリア&アルバート」での食事は、量が多かったものの、どれも美味しかったです~!
ここでの思い出は写真は取らずに自分の中で。
とても良い思い出を作れました。
最後に自分の名前入りのメニューと一輪の薔薇をもらって、タクシーで今度は何事もなく帰宅w

翌日が早かったため、早めに床につきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。